アイ・ローズ倶楽部通信さんに,当院のことについてエピソードをアップしていただきました.あんまり可愛い記事で取っておきたかったの,こちらに貼り付けました〜 原本はこちらです

※ はざま歯科は私の実弟が開設している歯科で,片側一車線の道路をはさんで,はざま医院の真向えにあります.


アイ・ローズ倶楽部通信 =2007.10.19号=
     『はざまとはざま』
★────────────────────────☆


 その安くて美味しい
 焼鳥屋さんからの帰り道…


  「あのね〜ずっと、どうしてるのかなっ〜て思っていたんだけど…」


 娘のももこが
 自転車をこぎながら
 話しかけてきたんです


  「はざま と はざま でどうするの?」


 えぇ〜?
 はざまとはざま?


 そこは
 娘が風邪をひくと連れて行かれる
 「はざま医院」という
 病院があるところです


 とっても優しくていい先生で
 haruちゃん@i.Shop Roseも
 毎月通って
 早く痩せることを指導されています^^


 そう、いわゆるかかりつけのお医者です


 そのはざま医院の道を挟んだお迎えに
 「はざま歯科」という
 歯医者さんがあるんです


 その歯医者さんへは
 娘はかかっていないんです


 歯医者さんは学校医さん別の歯科医院へ
 行っているからですが…


 だからはざま歯科の先生を知りません


 娘のももこがその場所を
 通る度に疑問だったこと…


 それは
 はざま医院とはざま歯科を
 1人の先生がどうやってやるのか?という
 何ともかわいい疑問でした


 娘は両院の先生が
 なんと同じ先生だと思っていたんです!


 そこで
 風邪をひいたときに診てくれる
 あの優しい先生は
 ももこを診てくれたあと…


 急いで車が途切れることなく走る
 名古屋では「狭い」道を横切って
 はざま歯科へ移動する…と
 ず〜〜っと思っていたそうなんです


 そう…
 同じ診療時間中に
 先生が間の道路を
 どうやって
 行ったり来たりするんだろうって
 疑問だったんです


 いつも通るその場所は
 ナント「廻間(はざま)」という地名


 だから「はざま医院」とか「はざま歯科」とう
 名前を付けていらっしゃるんだと思うのです


 その「廻間」を通るたび
 むすめは
 廻間のはざま(医院)とはざま(歯科)の狭間で
 ず〜〜〜と考え悩んでいたんです!


 そう…
 はざまのはざまとはざまのはざまで・・・


 一つ早口言葉ができあがっちゃいました!^^

 
 はざま医院の先生は
 ず〜っとその場所から変わらずに
 一生懸命頑張っています